企業にとってメリットが多いM&A|事業拡大を狙うなら必要な情報

市場競争力加速と事業拡大

貯金箱と電卓

企業合併の意味

企業同士の合併や買収をM&Aと言います。M&Aには互いの企業にとってメリットが高いです。M&Aの手法には友好的買収や敵対的買収、株式交換や移転、株式公開買い付けなど様々な方法があり、手法によりニュアンスが異なるのですが、合併後の企業経営のメリットは高いです。合併には合併比率があり、5:5、4:6のように比率があり合併比率が高い方が優位となります。市場で起こる競争原理を無くし、安定した収益獲得のためや効率的な経営が可能となり、また、互いの異なる厳しい視線でビジネスを行うのと、互いの企業が得意な技術を協力により、より高い技術革新とします。キャッシュフローにもメリットが高くなります。とくに国内で問題となる中小企業の事業継続の問題を大きく解消するものです。

統合による相乗効果

M&Aには対等合併と非対等合併があり、合併比率5:5であれば対等合併で、それ以外の比率であれば非対等合併です。合併比率が優位な企業が事業での主導権を握り、社名変更する際に2社の社名が入る場合、合併比率が高い企業の名前が先に配置されることが多いです。合併優位の企業がA社であれば「A&Bホールディングス」のようになることが多いです。合併までは優劣があっても、合併により劣勢であった企業も資金的なメリットがありますし、事業継続が可能となります。それまで市場競争力が弱かった企業も、合併後は競争力優位となります。資金調達では、発行株数の増加や1株価値の上昇など、また金融機関からの融資でも優位に運ぶでしょう。

開業したい人にお勧め

医者

大阪には開業支援をしてくれる業者があります。医者としては長けていても、経営者としては初心者です。何かとスムーズにサポートしてもらえて便利です。資金繰りや医療機器の準備など、必要なものをしっかりと提案してもらえます。

もっと知ろう

進出に最適な地域

夜の街

アジアでのビジネス展開を考える上で最適な場所として、香港がある。香港では、企業活動における自由度が高く、また世界の金融市場でもあるため、会社設立に最適な都市になっている。進出の際には、教育や支援を受けることも重要である。

もっと知ろう

設計や相談もできる

カフェ

カフェは若い人も注目している起業の方法ではありますが、きちんと相談できて、店舗設計も任せられるパートナーを見つけることが大事になってきます。開業の際には頼りましょう。

もっと知ろう