企業にとってメリットが多いM&A|事業拡大を狙うなら必要な情報

進出に最適な地域

夜の街

香港は、世界における重要都市であり、金融面においてはロンドンやニューヨークと並ぶ位置付けともなっている都市である。近年では、中国経済の目覚ましい発展などに伴い、アジアへの注目が集まっており、様々なビジネスが生まれる状況になっている。このアジアにおいて、中国を中心としビジネスを進めていくうえで欠かせないのが、香港への会社設立である。香港の現地で会社設立することで、中国などのアジアで直接ビジネスを行うことができる。香港での会社設立においては、日本での会社設立とは異なる手続きやルールがあるため、それらの教育を受けた上で進めることが必要である。また、実際の手続きにおいては、コンサルタント会社などの活用も必要になってくる。

香港での会社設立では、特徴やメリットがあるため、多くの人が会社設立を目指す状況となっている。香港は日本から4時間程度で行ける立地にあるため、日本への展開も考慮しながら香港でビジネスを進めるためには最適な場所に位置している。また、香港では、ビジネスに関する規制が少ないことも有利な点である。世界で最も経済自由度が高い国となっており、ビジネス展開しやすいことも特徴である。さらに、現地の治安の良さや生活環境の充実度もある。現地でビジネス展開する上で、治安の良さは最も重視されるものの1つである。治安が悪いことは、企業活動を行う上で大きなリスクとなる。そのリスクが低いことも、香港の大きな特徴となっている。